訳文の訂正・改善

2010年7月11日

訳文に関するその他の改訂は、すでに以前から提案されていた個所に限るという方針のもとに行いました。

底本の更新、詩文・法律文・書簡文等の各文体の再検討、丁寧語の簡素化、表記法の変更等、についての抜本的な見直しは、今後の課題と認識しています。それでもなお、新しい研究の成果を生かした重要な個所を、ここかしこにご覧いただけるものと思います。

改訂個所の一覧は、第三版の発行と同時に、別刷しおりの形でも発表する予定です。(こちら のページに一覧表があります)。

なおまた、高齢化社会の要請に応えて、各頁の行数を減らすなどの工夫をしたため、大変に読みやすい日本語本文となりました。しかし、その結果、小改訂でありながらも、第二版とは頁が合わず不便を来すこともあるので、各頁下段に旧版の頁数を入れることとしました。

みなさまのご了解をお願いいたします。