時代とともに変わる人間のことば

2010年7月12日

ルターが旧新約聖書のドイツ語訳を完成してからもう470年になりますが、ルター訳は今も改訂が続けられています。それは、聖書学の進展とドイツ語の変化のためです。新改訳聖書も、最初に出版されてからもう40年になりますから、当時からすると日本語が変わっています。また近年来、「らい病」表記を含む差別語・不快語に関する問題が社会的に大きく取り上げられ、邦訳聖書のそれらの訳語を再検討すべきであるとの強い要望がありました。ことばに対する感性や態度が、社会の変化と共に変わることを示しています。