新改訳聖書の特長

2010年7月12日

次の5つの特長があります。

  1. 聖書を『誤りなき神のみことば』と告白する福音主義の立場に立つ委員会訳であること。
  2. ヘブル語およびギリシャ語本文の修正を避け、原典に忠実に翻訳していること。
  3. パラフレーズ訳ではなく、リテラルな翻訳であるが、各書の文学類型にふさわしい日本語の文体を用いていること。
  4. 固有名詞など,従来の邦訳聖書の伝統を出来るだけ生かしていること。
  5. 特定の神学的立場に傾かないで,言語的に妥当であるかを尊重すること。