翻訳の理念

「聖書 新改訳」の翻訳・改訂は、下記の6つの理念に基づいて行われています。

1.聖書信仰

聖書を誤りなき神のことばと告白する、聖書信仰の立場に立つ。

2.委員会訳

特定の神学的立場を反映する訳出を避け、言語的な妥当性を尊重する委員会訳である。

3.原典に忠実

ヘブル語及びギリシャ語本文への安易な修正を避け、原典に忠実な翻訳をする。

4.文学類型

行き過ぎた意訳や敷衍(ふえん)訳ではなく、それぞれの文学類型(歴史、法律、預言、詩歌、ことわざ、書簡等)に相応しいものとする。

5.時代に適応

その時代の日本語に相応しい訳出を目指す。

6.今後も改訂

聖書研究の進展や日本語の変化に伴う必要な改訂を行う。